私のランドセル選び

私には小学生になった娘がいるのですが、ランドセル選びにはいろいろと苦労をしました。

それは私が小学生だった頃、ランドセルで苦労をした経験から、

娘には同じような思いをさせたくないという気持ちがあったからなのです。

私は両親からの愛情をあまり感じずに育ち、

小学生になる時も私は新しいランドセルを買ってもらえませんでした。

いとこが使用していたものをお下がりとしてもらったため、

1年生なのに使い古しの、お下がりランドセルを背負わなければなりませんでした。

同級生からはからかわれることもあり、毎日とても嫌な思いをしていました。

そんな経験から、娘には私のような思いは絶対にさせないと心に誓い、

娘が6年間持ち続けられる、丈夫で立派なランドセルを選んであげたいと思っていました。

夫と私がランドセル選びでいちばん重要視したことは、軽くて丈夫ということでした。

6年間という長い間、同じものを使い続けるには丈夫でなければならないと思うのです。

また、どれだけ丈夫であったとしても、重ければ低学年の小さな体には負担になってしまいます。

そのため。丈夫で軽量なランドセル探しがはじまりました。

よく重いといっても、すぐに成長して気にならなくなるから…という意見もありますけど

大きくなっても、軽い事に越した事はありませんから、

特に理由がなければ、重いより軽いランドセルを選んだ方が良いと思うのです。

もちろん、娘の希望を聞くことも忘れませんでした。

あくまで使うのは娘であって、娘本人が気に入らなければ意味がありませんから。

といっても、まだ実感のない学校生活ですから、好みの色を決めるぐらいでしたが…。

今は昔とは異なり、男子は黒、女子は赤といった決まりがありません。

皆が自分の好きな色のランドセルを選ぶことができます。

ローズ、ピンク、ラベンダー、チョコレート、キャラメル、グリーン、紺色、etc…

お店には迷ってしまうほどのカラフルなランドセルが並んでいて、

それを見ているだけで娘は楽しそうでした。

夫と私は、楽しそうな娘の姿を見て満足でした。

とはいっても、選ぶときはしっかり選びたいので、

複数のお店を見て回り、店員さんからいろいろと話を聞く手間を惜しみませんでした。

その甲斐もあって、娘も私たちも気に入るものを見つけることができました。

最後まで人工皮革と牛革で迷いましたが、軽い点において勝っている人工皮革に決めました。

そして色は、娘が良いというラベンダー色に決めました。

今ラベンダー色のきれいなランドセルを背負って、毎朝元気に登校している娘を見ていると、

これから小学校を卒業するまで、いろいろなことを学んでほしいと願っています。

あわせて読みたい

フジタのランドセルの口コミと購入のアドバイス